2009年05月25日

新型インフルエンザ:クウェートで米兵18人感染--湾岸諸国で初

新型インフルエンザ:クウェートで米兵18人感染--湾岸諸国で初
 【カイロ和田浩明】AP通信は24日、クウェートの米軍基地で米兵18人に新型インフルエンザ感染が確認されたと報じた。18人は米国から基地に到着後、感染が発覚。治療を受けて回復し、既に出国した。地元民との接触はなかった。感染の時期や出国先は不明。

 湾岸諸国での感染確認は初めて。

【関連記事】 新型インフル:関西の感染高校生と家族の1週間を追うと… 新型インフル:米国帰りの男性感染 成田で検査、隔離入院新型インフル:発症者激減、経済損失大きく 流行1カ月新型インフル:院内感染防止に電話診療など認める 厚労省新型インフル:感染者は343人 世界の死者92人
posted by dfwffwf at 18:23| 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

新型インフル:急増する受診者への対応 医療機関は苦慮

新型インフル:急増する受診者への対応 医療機関は苦慮
 新型インフルエンザの感染が拡大する大阪や兵庫では、急増する受診者への対応に医療機関が苦慮している。保健所の発熱相談センターには電話が殺到し、検査キットなどの不足を訴える医師も多く「限界に近づきつつある」と悲鳴が上がる。感染がさらに広がれば、診察する医療施設は発熱外来から全施設に広げられる。だが、診療した医師が「濃厚接触者」として自宅待機させられたり、感染しても休業補償する制度はなく、国の対策の不十分さが浮かんでいる。

 ◇「限界寸前」の発熱相談センター
 「1週間分の相談電話が1日でかかってきた。電話が鳴りやまない」。大阪府の発熱相談センターの担当者は疲れた表情を見せた。

 各保健所などのセンターには17日午前までの24時間で1039件の相談が寄せられた。大阪市のセンターに17日午前9時~午後5時半に381件、神戸市のセンターには16日588件の相談が殺到し、パンク寸前だ。回線を増やすなど対応する方針だが、情勢は不透明だ。
posted by dfwffwf at 16:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。